HOME 横溝 遥 “超”未来を見る

横溝 遥の記事

“超”未来を見る

2016年11月11日 19:34

第1回開催からサイト制作をつとめております、超福祉展が今年も始まりました。

マイノリティや福祉そのものに対する「意識のバリア」を超えていこう、という趣旨のこのイベント。
福祉機器とは思えないようなクールな最新機器の展示と、様々な領域のプレゼンターがそれぞれの角度から未来を語るシンポジウムの2つを中心に、毎年この時期に行われています。

目移りするようなプログラムの中でも、制作中からずっと気になっていた、2日目の「『Beyond limits』肉体とテクノロジーが結びつき人間の限界を超えていく?!」シンポジウムに行ってまいりました。

(※聞くのに夢中なあまり写真を撮り損ねまして・・・)

タイトルの通り「人間の限界を超えていく」最新技術や未来の展望がいくつも紹介されました。

例えば、
パワードスーツや強化義足などのロボット技術を装着して競うオリンピック「サイバスロン」の紹介(※1)、
記憶を改竄する技術は既にマウスでの実験が成功していること(※2)、
失明した人でも光を認識できるようになる人工網膜の研究の話(※3)、
インターネット上に脳をアップロードする技術ができれば、一種の不老不死が実現できてしまうこと…。

内心「それはスター・ウォーズの世界で見たことのあるやつ!」とときめいてしまうようなものばかり。
福祉というとかつての義手、義足のような「足りないものを補完する」ことばかり想像しがちですが、実は技術革新の最前線なのだと気付いて目から鱗でした。

また、こういった話には必ずといっていいほどWebが出てくるのも興味深く。
まだまだ広がり続けるWebの未来、楽しみで仕方ありません。

超福祉展は11月14日(月)まで、渋谷ヒカリエを中心に開催中です。
是非足を運んでみてください!

・・・・・

(※1)
Startseite Cybathlon – CYBATHLON Wettkampf für Athleten mit Behinderungen | ETH Zürich
http://www.cybathlon.ethz.ch/

(※2)
記憶が特定の脳神経細胞のネットワークに存在することを証明 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2012/20120323/digest/

記憶の曖昧さに光をあてる | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130726_1/digest/

光で記憶を書き換える | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140828_2/digest/

(※3)
インタビュー:不二門 尚/大阪大学 未来戦略機構 認知脳システム学研究部門
http://www.cnr.osaka-u.ac.jp/?page_id=630&lang=ja

CATEGORY 仕事
COMMENTS&TRACKBACKS 0
TRACKBACK URL
コメントの内容は承認後に公開されます。
投稿の際、メールアドレスの入力は必須です。(公開はされません)
お名前(必須)
MAIL(必須)
URL