HOME DIARY

飯田 優子の記事

小学生のゲーム事情

2016年11月21日 10:46

最近小学生低学年の間で流行っているゲームといえば、マインクラフト!
うちの小学校1年の息子も一年前に友達に誘われて以来、iPad版をプレイしてます。
(それまではゲームは禁止していたものの、そこから1日30分だけ解禁…)

先日、おとなしくプレイしてると思ったら「迷子になった」と言って急に泣き始めました。なんのことやらですが、今までずっと作り込んできたワールドの中で迷子になってしまったとのこと。家を探し回るものの、ネザーを経由して遠くまで来すぎて方向もわからなくなり、戻れません。そのあとも、もう一度泣いてるのを目撃しましたが(笑)、数日後にはあきらめて、仮の家を建て始めたようです。

迷子の土地にて再起、開拓開始の様子。

砂漠ならぬ砂浜でお絵描き中のリアル版息子。

その後、別端末から他ユーザーとして入ったら元の場所に行けました。

しかし本人は戻ってこれず。
冒険のち、半年後あたりに不意に戻ってこれるのかもしれません。

CATEGORY 日々
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

石垣島1

2013年5月11日 13:11

G.W.に石垣島に行ってきました。ちょろっと竹富島にも。
水牛車や料理やさんなどで三線を聞く機会が3回くらいあって、
頭の中には安里屋ユンタが流れてます。ユイユイ。

CATEGORY 日々
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

茨城県自然博物館

2013年1月7日 12:02

茨城県自然博物館に行ってきました。
ここにある恐竜の骨は、今まで見た中で一番大きく、にわか信じがたいくらいの巨大さです。


動物の目で見る体験ができる装置を子どもたちが覗いる様子がカワイイ。

CATEGORY 日々
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

首都高の基地へ

2012年12月26日 18:08

今日は、サーキュレーション首都高の関係者の皆さんで、リサイクルの可能性を探る廃材見学ツアー!ということで、半日の車の旅に参加してきました。

肝心の廃材の写真はカメラ担当齊藤さんにお任せして、思わず働く車の写真を撮ってしまう。

いろんな種類の車が勢揃いです。

普段なかなか見ない車ですよね。乗車席が足元まで透明。乗ってみたい・・。

壁の模様もかっこいい。赤と白の斜め縞モチーフ。

使用済み横断幕。これがトートバッグやサンダルに生まれ変わるのです。

これから次はどんなリサイクル商品が出てくるのか、楽しみなプロジェクトです。

CATEGORY
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

海辺の波

2012年12月5日 12:23

CATEGORY 日々
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

Instagram

2012年10月26日 18:09

今更ながらInstagramをはじめてみました。


曇りの日の江ノ島が

enoshima

渓谷が原生林っぽく

道路のアスファルトのマークが、意味深なものに

山が「LOST」に・・

かけているフィルターが、「ほんわか」ではなく
「無機質」で「意味深」な暗めなものばかりになりそうな気配です。

フィルターが新たに加わることで、目の種類が一つ増えた気分になっていいですね。

CATEGORY ライフログ
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

大地の芸術祭2012

2012年9月10日 18:25

休みを利用して、越後妻有の大地の芸術祭2012に行ってきました。

クリスチャン・ボルタンスキー「No Man’s Land」。ドクンドクンという心臓のような音の中、巨大な古着の山をクレーンが繰り返しつかみ落とし続ける。

十日町市内で収集した廃材、生活用品、農具等を再構成して立体的な物語を紡いでいるようなゲルダ・シュタイナー&ヨルク・レンツリンガーの作品。

古い民家の中を隙間なく埋め尽くす、極彩色のモノ、物、もの。日常にある、記憶の隅にあるどこかの家で見たものたちがすべて金色に塗られて埋め作らされた様子は圧倒的でした。なんとなく、肌感覚としては、パプリカの夢の行進のシーンを彷彿しました。土産物の人形が沢山埋め尽くしてる古い家の棚も・・。

それぞれ異なる手法、コンセプトですが、この3つに共通するのは、使わなくなったもの、身近な生活用品を再構築した作品であるということ。
既視感が織り混ざった夢のような光景が、周囲の雰囲気、人の気持ちをぐっと変える。
そんなアートに触れた週末でした。

CATEGORY
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

十和田

2012年8月20日 12:35

夏休みに青森県立美術館、十和田湖、十和田美術館に行ってきました。


奥入瀬渓谷は緑と水がキラキラしてて、想像以上に綺麗なところ。
↓この木、ワニに見えませんか?

十和田美術館の前で、アイスを買いました。ヘラでカラフルに盛ってくれます。
味はシャーベットとアイスの中間みたいな感じでした。

CATEGORY 日々
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

打ち水大作戦2012

2012年7月22日 18:39

昨年度からCAMP4にてポスター、新聞広告等のビジュアルをお手伝いさせていただいてる打ち水大作戦。
10年めをむかえた2012年は「打ち水で虹をつくろう!」をテーマに行います。

今日の毎日新聞朝刊掲載の打ち水大作戦のモノクロ広告。

日時を決めてみんなでいっせいに打ち水をする
    ↓
みんなの笑顔が広がる
    ↓
真夏の気温が2℃下がり電力エネルギーの節約になる

という打ち水効果を虹で表現しています。
※塗り絵としても遊べます。

そして、浅草浅草寺では開幕打ち水大作戦が行われました。

打ち水とみんなの笑顔が広がりますように!

CATEGORY 仕事
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

撮影

2010年9月14日 17:37

昨日は朝から新木場のスタジオで撮影でした。

トラック2台で搬入だったりと、大がかりだった今回の撮影。
いろんな人の協力で実現し、わくわくするものができました。
関係者の皆様に感謝です!

さて、次はWEB、そしてその後は展示会もあります。
WEBは10月上旬オープンに向けて準備進行中です。

CATEGORY
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事


おともだちと みんなで びじゅつかんにいくのは たのしいです。

子どもらしく、ひらがなで書いてみました。
と、ここから展示とは全く関係ない話ではありますが、
昔の小説でひらがなとカタカナばかりの本が時々ありますよね。
一度漢字をマスターしてしまうとそのような形の文章は漢字による短縮が無いので、
読むスピードがガクンと落ちてなかなか読みにくく感じたりします。

そんな文章って日本語だけなんでしょうかね。

展示はとても楽しかったです。

※東京都現代美術館のサイト「こどものにわ」。

CATEGORY 日々
COMMENTS&TRACKBACKS 0

飯田 優子の記事

赤青黄色

2010年9月2日 14:34

週末のとある日。
ふと見た先に赤・青・黄色と信号みたいな配置になった車を発見!

これはスクープだ!(自分的にね)とカメラを持った次の瞬間、
白い車がダーっと走ってきて、
あろうことか赤と青の間に駐車。

駐車場はガラ空きなのに、なぜ!なぜその場所に停めるの?

でも、白は無色と考えると、
まだ赤・青・黄色。かな?

CATEGORY
COMMENTS&TRACKBACKS 0